コミュニケーション・ラボ

2019年度 コミュラボ・ラーニングの団体予約について
 2019年度(2019年4月9日(火)~2020年3月19日(木))のコミュラボ・ラーニング団体利用申込を2019年3月26日(火)より受付いたします。
 対象:福井県内の小学校
コミュラボ・ラーニング(学校対応プログラム)の特徴
いろいろな体験活動(観察・実験)をします。
専門スタッフと少人数での観察・実験ができます。
科学についてのコミュニケーションを図ります。

「コミュラボ・ラーニング(学校対応プログラム)」内容
小学校の授業内容(生活科・理科・総合的な学習の時間)に沿って実施するプログラムです。

①学校で習得した知識・技能を活用します。
②系統性を重視し、科学的な見方・考え方が深まっていく内容です。
③体験活動(観察・実験)の充実を図り、プログラム全体で100を超える観察・実験があります。
④使用する実験器具・教材・ワークシートは、準備してあります。

定員 1回あたり40名まで
所要時間 60分(プログラムによっては時間変更可)
※6年「大地のつくりと変化」「太陽と月の形」は80分
対象 福井県内の小学校
予約 事前申し込み必要(要予約)
※ページ下部の申し込み用紙をご利用ください。

コミュラボ・ラーニング(学校対応プログラム)の活用方法
開催時間
1回目  9:40 ~ 10:40
2回目 11:00 ~ 12:00
3回目 13:00 ~ 14:00
※プログラム開始5分前に荷物置き場に集合してください。
(同じ時間帯に複数校が申込の場合は、調整させていただきます)

定員
40名 各ブース10名程度
(4つの各ブースにてスタッフが観察・実験を指導します)

実施場所
2階 コミュニケーション・ラボ

見取り図


学校対応プログラムの流れ
・・・ テーマに合わせて、意欲を高める導入を行います。
4つのブースを紹介後、行きたいブースは子どもが選択します。

・・・ 4つのブースに分かれて少人数で観察・実験を行います。各ブースに専門の指導員がついて、指導・支援を行います。
分かりやすい解説で科学的な概念の理解を図ります。
科学のおもしろさを実感してもらえます。
・・・ 各ブースで学んだことを全体に広げて、コミュニケーションしながら、知的好奇心・探究心を高めていきます。
・・・ 今日の学びをワークシートにまとめることで分かったことやこれから学びたいことが整理されます。
・スタッフが全体進行およびブースでの観察・実験を指導します

昼食について
昼食場所が必要な場合は「団体利用申込書」に記入欄がございますのでご記入ください

小学校対応プログラムリスト

テーマをクリックすると詳しい展開例が見られます。

教科・領域 学年 テーマ テーマ一覧と内容
生活科 1年 たねのくふう

学校対応プログラム一覧

学校対応プログラム一覧(PDF)

2年 うごくおもちゃ
2年 ふしぎふしぎ
理 科 3年 風とゴムの力
3年 じしゃくの性質
4年 からだの仕組みとはたらき
4年 空気の力
4年 月と星
プラネタリウムで実施となります
グループでの参加はできません

5年 天気の変化
5年 物がとけるとは
6年 物が燃えるとは
6年 酸性とアルカリ性
6年 大地のつくりと変化
※「地層のでき方」「岩石の構成物」「火山灰の観察」の
観察・実験はグループ毎にローテーションで実施します
6年 太陽と月の形
総 合 3年 生き物のヒミツをまねる
4年 防災の科学
5年 福井の伝統産業 繊維
6年 センサー


宇宙


宇宙
・内容は一部変更する場合があります

コミュラボ・ラーニングの予約について
●申込方法
●問合せ先
下記様式をダウンロードし必要事項をご記入の上、FAXにてお申込みください。
TEL:0776-51-8000
FAX:0776-51-6666
団体利用申込書(平成31年4月~版)(PDF)
団体利用申込書(平成30年3月~平成31年3月31日版)(PDF)
「観覧料免除申請書」(PDF)
展示エリア・プラネタリウムを利用する場合は上記の「観覧料免除申請書」を提出してください。
▼以下もご活用ください。
「展示エリアマップ」(PDF)
「ロードマップ(太郎丸エンゼルランド駅~エンゼルランド)」(PDF)